ありがとうの分だけ、、

たくさんたくん「ありがとう」を言ったあなたが幸せにならないはずがない。

今日、強くそう思いました。

個人レッスンにてゴミ袋15個分、どれにも「ありがとう」をいってくださったY様、

本当にお疲れさまでした。


手放すものひとつひとつにきちんと「ありがとう」を言ってくださったから、ゴミ袋に入れられてるモノたちから“すがすがしさ”さえ感じたように思えます。


つらい思い出のあるものも、悲しい思い出、切ない思い出、、、思い出は楽しいものばかりではないけれど、ああしてモノに宿ったそれらの思い出を自分で「手放す」と決めた瞬間、

そしてそれらに「ありがとう」と言った時、ひとは今までのいろんな自分を全部肯定できるような気がします。

過去(服)を手放すことで、過去の日々からの恩恵を受けるような。

いっつも誇れるような自分ではないし、最悪な日も、どん底の日も、私たちは裸ではなかった。そんな時の自分を覆っててくれた服。

つらかった日々を一緒に耐えてくれた服、、悲しい思い出に寄り添ってくれた服、切ない思い出を一緒に乗り越えた服、、今はときめかなくなったけど、その時その服がいてくれたから今の自分になれた、だから手放す時に出てくる言葉は「ありがとう」なんですね。

なんだかよくわからないけど、涙がでそうでした。


今日、15コのゴミ袋にまとまられた服たちからは、「Y様の新しい人生の糧になれたんだから本望じゃ」っという声が聞こえてきそうでした。

きっとN様が「ありがとう」と言われた後に「こちらこそありがとう」と言っていたのでしょう。


片付くことにも感動しますが、そうやっていつもご主人さまを輝かせるためにだけに生まれてきて去っていく服の存在の健気さにも今回はやたらと感動しました。


きっと「ご主人さまがときめいて生きてくれれば、わしらは本望じゃよ、、、」と光の中に溶けていくのでしょう、、、、次の燃えるゴミの日に!!(出すの大変。)




写真は後日Upです!しゅみません!

Your Choice,Your Life

Chinaco




Relaxing Room♡ 暮らし潤うChinacoのこんまり片づけLesson

「人生がときめく片づけの魔法」でおなじみの 日本ときめき片づけ協会認定コンサルタント&インストラクターで東京・渋谷区在住のChinacoの片づけ個人レッスン情報と日々思うこと。

0コメント

  • 1000 / 1000