「なんとなく」は「ときめき」の種 

みなさま~片づいてますか~?なんて言ってられないくらい、

もう年末が差し迫っておりますよ~。

大掃除用に片づけてくださ~い。


私たちの買い物の9割は

「なんとなくいいかと思って」買ったり、  

「いいと思って買ったけどなんとなく着なくなってました」などで、

 「なんとなく」に人間の行動は左右されまくっています。


そこにつけ込んで、企業は印象のいいタレントを使ってCMしたり、

サンプルを配ったりしているわけですが、

それでも手に取った時の「なんとなく」で選んでいるのは確か。


「なんとなく」は幸せの方向をほんのり気づかせてくれる大事なセンサーなので、

常に敏感に反応するようにしていて欲しいのですが、、、

たったひとつの難点は、

ブレやすいこと!

「なんとなく」はいかんせんブレやすいんです。

「なんとなく」はふんわり・ほんのりしてるので

つけ込まれやすいんです。

つけ入るスキが多いんです!(笑)

だからその時の感情や状況によって「なんとなく」いいと思ったり、

買ってから後悔したりというわけです。


これが「いい」と思って「なんとなく」買ったモノなのに、

気がつけばどこから手をつけていいかわからない位、

お部屋にどちらかといえば好き?なモノが溢れかえってしまう状態になってしまうのですね。


対して「ときめき」は極めて個人的でとてつもなく正確。

カラダにも変化が現れるくらいのことですので、軸がブレません。

子供のころから「なんか知らんがこれが大好き!」というモノは

誰にでもありますし、それを職業にしている人も多いことでしょう。


だから「ときめき」で選ぶこんまりメソッドは

年齢を重ねても、

国や地域が違っても、

それぞれの幸せ♡に正確にたどり着くことができるのです。

「ときめく?」で選べば間違えませんから。


もう、定められた運命のように自分の「ときめき」には

誰も命令できず、

誰も止めることはできず、

自分さえ逆ることはできません。


ただひとつ、「封印」することを除いては。。


社会に適合しようと自分の「ときめき」を封印してしまうことが

現代人、特に日本人には多いように思います。


誰しもに与えられた

「自分を幸せにしてくれる唯一のセンサー」を閉ざしてしまうことで、

多くの人が自分のときめきがわからなくなり、

結果「なんとなくいいかと思って」選んだモノばかりになってしまい、

どんなに買っても、なににチャレンジしても

どうも幸せを感じなくなってしまったように感じています。


「なんとなくいい感じ」に慣れたら、

次は「ときめく!」に行動の左右を決めさせましょう♪


 「ときめくから買った」

 「ときめいたから買ったけど、ときめかなくなってしまった!」 

シンプルにこれを繰り返すことでさらにときめき濃度・精度を上げていく。

さすれば自分の周りは「なんとなく好き」どころか

「ときめく~っ!!」モノばかりになりますし、 

ほとんど何にもないシンプルな空間にときめくならばそうなります。

(片っ端からときめくから買えばいいわけではない事はおわかりであることを前提としています)  


「なんとなくいいと思って」買うのも

「ときめき」で買うのも、経路は同じ。

ただ、自分が最高にときめくモノにはなかなか出会えない。

だから「ときめき」をモノを買う時の選択肢にしていくと

自然にモノの数が減りますよ。


「なんとなく」から次のステップへ。

「ときめき」は今は雲に隠れた北極星だけど、

諦めずに何度も「ときめくか?」を問うて鍛えれば必ず見えてくる星です。

幸せの指標です。

ときめくほうへ、

ときめくほうへ、

「なんとなく」から始めましょう♪

Your Choice,Your Life

Chinaco

やっぱり最後はポエムだね!


こんまり流片づけ体験セミナーの日程・お申し込みはこちら

こんまり流片づけレッスンの日程・お申仕込みはこちら


Relaxing Room♡ 暮らし潤うChinacoのこんまり片づけLesson

世界のKonmariこと近藤麻理恵さん著書「人生がときめく片づけの魔法」でおなじみの ㈱こんまりメディア認定コンサルタント&インストラクターで東京・渋谷区在住のChinacoの片づけ個人レッスン情報と日々思うこと。

0コメント

  • 1000 / 1000