自分を取り戻す

こんにちは。

モヤモヤ心をスッキリ晴らす ときめき片づけコンサルタント・青空ちなこです。


ときめき片づけの創始者、近藤麻理恵さんは世界各国のメディアにひっぱりダコで、年末には「情熱大陸」にも出演なさっていました。

その短い番組のなかでは「ときめき片づけのすばらしさ」は個人的にはぜーんぜんお伝えできていないなー。。残念!という感想でしたが、ひとつとっても印象的なシーンがありました。

こんまりさんから直々に「ときめき片づけ」の個人レッスンを受けているあるご家族。ひとりひとりが片づけを進めるうちにモノ置き場と化していた部屋の片隅からエレクトーンが出てきて、奥様がひとり弾いている後姿のシーンです。放送ではほんの数秒だったのですが、ここが「ときめき片づけ」なんだよなぁ、、、ってしみじみ思って見ていました。


◆忘れていた自分の何かに気づかされる。

その何かは人それぞれですが、おおまかにいえば「忘れていた喜んでる自分」とでもいいますか、自分が喜ぶことがなんだったかをすっかり忘れて生きてきてしまっていたことに気づかされることが多いです。


◆「あ、私、大好きなエレクトーン弾いてもいいんだ」

家庭を切り盛りする主婦の方は特にご自分のことを後回し、最下位項目にしがちです。

家族のために、というか個人=家族みたいになってきてご自分の個人の部分を意識しなくなって、家族が幸せなら自分も幸せ、になってしまいます。それはそれで幸せなことなのですが、個人の喜びを追及する自由もあることを忘れがちです。

ご自身が喜ぶことをもっとたくさん、もっと頻繁にやってあげてください。だれも悲しみません。


◆エレクトーンは彼女の象徴

始めはモノで埋め尽くされて、そこにあったことにまるで気が付けなかったエレクトーンが突然と現れるシーンは本当に印象的でした。

そしてこれは誰のお部屋でも起こりうることです。

ときめき片づけを行っていると「あ、これ好きだったのになんでこんな奥にしまってたんだろ?」とか、「本当はこれが好きだったのになんで違うの使ってるんだろう?」など、「自分」を象徴するようなアイテムが突然浮き出てくるような体験をします。

ずっとずっとそこにあったんですけどね。。。

そして好きだからずっとずっと持ってたんですけどね。。



私が「ときめき片づけ」が大好きなのはそんな自分への原点回帰的な体験ができて、生まれてから今までの自分(アホで世間様にはずいぶんとご迷惑をおかけいたしました)を好きになり直すことができるから。

それってとっても必要でとってもステキなことだと思いませんか?

たくさんの方とその喜びを分かち合いたくて体験セミナーを開いています。みなさんの青空を一緒に見たいんです!


今、この記事をたまたまお読みくださっているあなた様といつかきっとお会いできることを楽しみにしています。


Your Choice,Your Life

青空ちなこ


ちなこのときめき片づけ体験セミナー: お申込みはこちらから

Relaxing Room♡ 暮らし潤うChinacoのこんまり片づけLesson

「人生がときめく片づけの魔法」でおなじみの 日本ときめき片づけ協会認定コンサルタント&インストラクターで東京・渋谷区在住のChinacoの片づけ個人レッスン情報と日々思うこと。

0コメント

  • 1000 / 1000