20m²で暮らす知恵① クッション

20m²の1Kで暮らすChinacoが実践してたり、これからとりいれたいと思った狭さゆえに編み出される収納情報をメモメモしていきます。ほとんどお金をかけてません。(笑)  またいつでも“いずれ引越し”を念頭にしているので、可動性があるのが特徴です。

Chinaco's Roomは20m²。都会では際立って狭い物件ではありませんし、ひとり暮らしならば充分暮らせる面積ですが、インテリアを楽しもうをしたり、ゆったり感を求めようとするには多少の知恵は必要です。Chinacoの部屋で共同生活するモノたちは「ときめく」と同時に複数の役割をこなすことが自然と条件になっています。


第1回目はクッション。

◆クッションは収納

Chinaco's Roomではクッションは大事な収納場所でもあります!

ちなみに風水を意識して偶数にしていますが、今のところあんまり効果を感じていません!

大小4~6コのクッションの中はシーズンオフの衣類と布類。

夏場は冬場に着込むモコモコ素材の部屋着、モコモコ素材のレッグウォーマー、会社のひざ掛け、かさばるセーターなどの衣類と冬場の窓に装着するフリースのひざ掛けやシーズンオフのベットカバーなど大き目の布類で計4~6コ。

冬場の中身は夏掛け布団や夏服ですが、入れるモノのボリューム自体が少ないので夏場のクッションは痩せ、2~4コくらいになります。


◆クッション収納のポイント

ふんわり軽い素材感のもの入れないと、クッションとは思えないほどずっしり重くなるので注意が必要です。またヌードクッション自体が入っていないと形がおかしくなるのでそれも重要です。あくまでインテリア性を保たなくてはいけません!


◆クッション収納の利点

お部屋の出っ放しでもいたって自然!

ふわモコ素材の収納スペースを大幅カット!

中身はシーズンオフ衣類なのに外見はインテリアのスパイスになってくれてるお得感!


◆片づけ目線でのクッションの利点

高くても数万円?理想のお部屋に置くものをおんなじモノを買うことも可能

手ごろに買えて、出先で買っても送料がかからないインテリアアイテム

季節感を添えられるインテリアアイテム

小さな面積でインテリアの方向性を物語れる、視線そらしアイテム

上と同じ理由でお部屋のイメチェンが簡単にでき、使わない時も簡単収納できる

飽きて手放す時も粗大ゴミ料金などが不要なインテリアアイテム


理想のお部屋と同じアイテムを手に入れられる夢のアイテム、クッション。これに放りこむだけのちゃっかり収納できちゃうクッション収納、おすすめです♡


Your Choice,Your Life

Chinaco



Relaxing Room♡ 暮らし潤うChinacoのこんまり片づけLesson

「人生がときめく片づけの魔法」でおなじみの 日本ときめき片づけ協会認定コンサルタント&インストラクターで東京・渋谷区在住のChinacoの片づけ個人レッスン情報と日々思うこと。

0コメント

  • 1000 / 1000