「戒め」のために持つなら本当に戒めよう!

みなさま、片づいてますかー?

こんまり流片づけコンサルタントのChinacoです。


「自分は自分がダメな人間だって世界の誰より一番知ってる。 

誰も知らないホントにダメな自分をいやってほど知っている。

 だから、これを持っていないと、 

 またダメになっちゃう。

 もっとダメになっちゃう、、、。」


そんなふうに戒め的に、

つらいモノをずっと持っている場合がありませんか?


これには激しく共感できる方と

まったく共感できない方にタイプがはっきりわかれる状況かな?と思います。

実はChinaoは前者のタイプ。

ダメ中のダメ人間と自覚しているので、

過去の失敗をすべて保管していました。


片づけコンサルタントになった今、

結論から言うと、

戒め的にそんなふうにモノを持っている必要は

まったく全然ありません。


というか、

戒めに持つなら、

毎日絶対に目に触れるところに置いて、

しかも毎日それを見て、

奥歯がすり減るくらいに猛省し、

恥を忍び、

毎朝そこで得た教訓をココロに刻み付けるくらいの苦行にできなければ

持っている意味はないと思います。


ただ反省のために持っている人間(Chinacoのことですけど、、、)に限って、

持ってるだけでなにかが軽くなることを望んでるだけで、

実際には何もせず、

実生活に何も活かしてないし、

もっと言うと反省材料にさえもしていないのです。


ならば!

そんな今の自分にも、未来の自分にも

なんの役にも立ってないモノとは

丁寧にお礼を言ってお別れしましょう。


そもそも、そんな重暗い自分の過去を

自分ではなくそのモノに乗っけるだけ乗っけて、

放っておくなんて、

そのモノがかわいそうじゃないですか。

負担が半端ないじゃないですか。


本来、その負担を負うべきは自分自身。

本気で自分を戒めるなら、

モノの存在にではなく、

自分のココロを戒めて、

それを乗り越えていきましょう!


ココロをチクリとさせるモノや、

澱んだ気持ちにさせるモノ、

戒めのために持っているモノ、

これらは手放してかまいません。

ときめかないモノは持っていなくてかまいません。


なぜなら、

人生は短いからです。


人生は短いので、反省するなら今!

やりなおすのは今!

自分の人生をときめくことだけで満たすと決めるのは今ですし、

片づけ祭りを決断するのも今なのです。


いつでもできることは

今やるか

一生やらないか。

それを決められないのは

お部屋にときめかないモノをたくさん抱えているからです。


自分ひとりではちょっと難しいなと思われる方は

Chiancoの個人レッスンへお申込みください。

思った以上にすがすがしく“それ”を手放すご自分に出会えますよ。


Your Choice,Your Life

Chinaco

Relaxing Room♡ 暮らし潤うChinacoのこんまり片づけLesson

世界のKonmariこと近藤麻理恵さん著書「人生がときめく片づけの魔法」でおなじみの ㈱こんまりメディア認定コンサルタント&インストラクターで東京・渋谷区在住のChinacoの片づけ個人レッスン情報と日々思うこと。

0コメント

  • 1000 / 1000