季節の変わり目限定の衣類片づけ3ステップ

みなさま、片づいてますかー?

ときめき片づけコンサルタントのChinacoです。


季節が動く時、

それはモノが増える時。


人間は季節の変わり目、

特に急に肌寒くなったりすると、

「あぁ、羽織るもの買わなきゃ」

と思うようにプログラミングされているようです。

女性の場合はこれにプラスして

「あぁ、今季のトレンドを押さえた一品を買っておかなくては」

というオプションまでもが作動されます。


「寒い」

「ネットショッピングサイトをチェック」

「ポチる」


そうして、気温の変動とともに

いとも簡単に

また服が1枚増えるのです。


「急に寒くなって着るモノがない!」わけないんですよ。

去年もおととしも冬は寒かったんですから。


ポチる理由は軽く10個以上はでてきます。

・どこにしまったか忘れたので探すのが面倒くさい

・出してもしわとかニオイとかですぐには着れない気がする

・クリーニング店に預けっぱなしだった

持ってる服を探すよりポチったほうが早い

新しい服を着てる感が欲しい

などなど


さまざまな理由のなかで「新しい服を着たい」、

これはときめきに通じるので実はOK。


この、「入り」と「出」の間のタイムラグが

片づけ上手と苦手さんの大きな「差」になっていきます


服の1枚で生活空間は圧迫されないのが厄介なんです。

もし服ではなく家具や白物家電だったら

「同じような機能のモノは2つもいらないな」って視覚でわかるし、

「けっこう場所とるな」って体感もできるのですが、

布きれ一枚だとそうはならない。


でも、

一匹のシロアリがやがては家を崩壊させるし、

今日のほんの一口が体重を増加させるし、

1円多くても銀行員は帰れません。


そう、

たった一枚のたいして思い入れのない服の侵入が

あなたのクローゼットをパンパンにさせ、

引き出しを閉まらなくさせ、

(実情としては引き出し前に服を積みすぎて開けられない方が多い)

なんでこんなに服があるのに着るモノがないんだろと

毎日あなたを悩ますことになるのです。


「寒い」

「今季もう着なそうな服はあるかな?」

「これ、次の燃えるゴミの日にさよならしよう」


なんてできる人は絶対にいないので、

せめて次の3ステップのクセをつけると

買って増えるのも減らせるし、

全体の総量をだいたい一律にキープできますよ。


①新しくポチった服の機能・役割をいくつか挙げる

Ex.防寒・トレンド感・今年のモテ傾向、仕事用、、、


②去年は同じ時期の防寒に何を着ていたか?思い出す

去年のトレンドアイテムは?

去年のモテ服は?←これに関しては効果は?

去年のこの時期の仕事服は?結果は?収入アップ?ダウン?


③機能・役割の新旧置き換えをして手放す

求めた機能・役割がトレンドだったら、即置き換えできますね?

その他の場合も、狙った効果があったか?

満足度があったか?などで

今季ポチった新しい服に置き換え可能なものは

どんどん手放していきましょう


秋には木も、その葉をどんどん落として行きます。

ワタシたちも役割を全うしたアイテムは

どんどん手放していきましょう!


詳しくはChinacoの個人片づけレッスンで。

お申し込みはこちらから


Your Choice,Your Life

Chinaco

Relaxing Room♡ 暮らし潤うChinacoのこんまり片づけLesson

世界のKonmariこと近藤麻理恵さん著書「人生がときめく片づけの魔法」でおなじみの ㈱こんまりメディア認定コンサルタント&インストラクターで東京・渋谷区在住のChinacoの片づけ個人レッスン情報と日々思うこと。

0コメント

  • 1000 / 1000