人間は6月の〇〇には逆らえない

みなさま、片づいてますかー?

ときめき片づけコンサルタントのChnacoです。


カビ。

どこかにいる。

かすかなカビのにおい、、、。


ここでカビの発生する4つの条件を確認してみましょう。

・湿度70~95%

・温度15~30%

・酸素

・栄養分

湿気と栄養分を減らせばカビの発生はだいぶ抑えられるそうです。


でもこの環境って、、、

私たちが生きて暮らしている以上、カビの発生は防げなそうですね

私たちが一生懸命であってもなくても、生きているように

カビも明日も明後日も生きているに違いありません。

ここでもうカビゼロは諦めたほうが生産的でしょう。



しかし、私はときめき片づけ協会公認コンサルタント。

片づけに悩むみなさんにときめく人生を送っていただくのと同じくらい、

自身もときめく人生を送ることを大事に考えています。

カビ臭さを感じながら生活するのは若干ときめかない。

ガマンできる範囲ではあるが

ときめいてはいない、、。


ここで、一般的なカビ対策を見ると

①予防が一番

②エアコン内部のカビをまき散らかさない

③扉をあける、サーキュレーターもつけて風を通す

などなど。


うん。①はもう間に合わない。

②ももうカビている。

③は現状維持なのでは?


もう、いろんな洗剤を買ったり試したりするのは面倒くさいので、

思い切って布っぽいものはさよならします♪


Chinacoの部屋はなるべくプラスチック製品を選ばないようにしているので

収納に布やカゴ素材が多いです。

そんなとこからもカビ臭さが発生しているんだと思います。

これからも基本的にはプラスチック製品はあまり入れたくないので

それらを処分してしまうと、そこに仕舞っていたモノ達はどうする?

という問題が発生しますが、

モノが少ないから大丈夫です。


モノ達にしても「すぐ新しい心地いい入れ物を手配してくれるさ」と

安心してくれていると思っています。

モノだってカビに包まれて収納されていたくはないだろうし。

こんな季節だからこそ、リフレッシュもいいでしょう。


第一、みなさん意外と忘れがちなのですが、

収納グッツも立派なあなたのお部屋のモノのひとつ。

ときめく便利な収納グッツ自体がカビに蝕まれてしまったのなら

主人としてその身の振り方を考えてあげなくてはいけませんよね。



生きてる限り、自然には逆らえない。

そう、人間は6月のカビには逆らえない。


持てるモノにも

持てないモノにも限りがある。


ならば、今、自分を一番快適にしてあげるには何をしたらいいか?

そこをモノに頼らなくなると、

ときめく生活はわりと簡単に手に入ります。


何か買うより手放すことで、

かえって早く得る体験をすることが多くなってきたような気がします。




Your Choice,Your Life

Chinaco

しかし、これだけは覚えておいてください。

カビ対策は5月のさわやかこの上ない青空の日にいたしましょう!

ときめき片づけ祭りも年の瀬が迫ってきたころではなく、年の前半には済ませましょう!

まだ間に合う!Chiancoの片づけレッスンへのお申込みはこちらから!!!







Relaxing Room♡ 暮らし潤うChinacoのこんまり片づけLesson

「人生がときめく片づけの魔法」でおなじみの 日本ときめき片づけ協会認定コンサルタント&インストラクターで東京・渋谷区在住のChinacoの片づけ個人レッスン情報と日々思うこと。

0コメント

  • 1000 / 1000